人身傷害共済

(注)共済期間の初日が令和2年1月1日以後の共済契約が対象です。

人身傷害共済 〔ご自身とご家族の補償〕

共済金をお支払いする場合

ご契約のお車に搭乗中の方が自動車事故により、死傷された場合に共済金をお支払いします。共済金のお支払い対象となる事故の範囲は、「基本補償(ご契約車搭乗中のみ)」または「車外事故補償」の2つのタイプからお選びいただけます。
ただし、ご契約の記名被共済者が法人の場合は、「基本補償(ご契約車搭乗中のみ)」でのお引き受けとなります。
人身傷害共済 〔ご自身とご家族の補償〕

人身傷害共済の補償タイプ

○:共済金をお支払いします。×:共済金をお支払いできません。
共済金を
お支払いする
事故
ご契約のお車に
搭乗中の方
記名被共済者およびご家族(注4)
ご契約のお車に
搭乗中の事故
他の自動車(注5)
搭乗中の事故
歩行中および自転車
などを運転中の
自動車事故(注7)
ご契約のお車に搭乗中の事故 他の自動車に搭乗中の事故 歩行中および自転車などを運転中の自動車事故




基本補償(注1)
(ご契約車搭乗中のみ)
×(注6) ×
車外事故補償
(注2)(注3)
(注1)
基本補償は、「人身傷害車外事故特約」をセットしない場合をいいます。
(注2)
車外事故補償は、「人身傷害車外事故特約」をセットする場合をいいます。
(注3)
記名被共済者またはそのご家族が車外事故補償タイプでご契約の場合は、同じ補償が重複する場合がありますので、他のご契約の補償内容を十分にご確認ください。
(注4)
「記名被共済者およびそのご家族」とは、後記の被共済者の方をいいます。
(注5)
「他の自動車」には、次の自動車を含みません。
  • ご契約のお車以外の記名被共済者、その配偶者、これらの方の同居の親族が所有または常時使用する自動車
  • 記名被共済者またはその配偶者の別居の未婚のお子さまが、自ら所有または常時使用する自動車(運転中に限ります。)
  • ご契約のお車以外の二輪自動車、原動機付自転車
  • ご契約のお車以外の自動車検査証に「事業用」と記載された自動車(運転中に限ります。)
(注6)
他車運転特約により補償の対象となる場合があります。ただし、「他の自動車」が自家用8車種で運転中の場合に限ります。
(注7)
「歩行中の自動車事故」には、自動車以外の交通乗用具(自転車・電車・航空機など)との接触事故は含みません。
また、「自転車などを運転中の自動車事故」には、自動車以外の交通事故および単独事故は含みません。

被共済者(人身傷害共済で補償の対象となる方)

補償タイプ別に、次のいずれかに該当する方が被共済者となります。
ご契約タイプ 被共済者
基本補償
【ご契約車
搭乗中のみ】
ご契約のお車の正規の乗車装置または当該装置のある室内に搭乗中の方
  • ご契約のお車の保有者
  • ご契約のお車の運転者
(注)
①または②の方がご契約のお車の運行に起因する事故により身体に傷害を被り、かつ、それによってこれらの方に生じた損害について自動車損害賠償保障法第3条に基づく損害賠償請求権が発生しない場合に限ります。

車外事故
補償
  • 記名被共済者
  • 記名被共済者の配偶者
  • 記名被共済者またはその配偶者の同居の親族
  • 記名被共済者またはその配偶者の別居の未婚のお子さま
ただし、以下の方は、被共済者になりません。
  • 自動車に極めて異常かつ危険な方法で搭乗している方
  • 業務として自動車を受託している自動車取扱業者の方

お支払いする共済金

共済金の種類 お支払方法
人身傷害共済金 被共済者が死傷された場合に、治療費、休業損害、精神的損害、逸失利益、将来の介護料、葬儀費等の損害について、被共済者の過失分を含め、被共済者1名につき、共済証書記載の人身傷害共済の1名共済金額を限度としてお支払いします。
費用 被共済者が実際にご負担された費用(損害防止費用・権利保全行使費用)について、人身傷害共済金とあわせてお支払いします。
(注1)
総損害額の決定は「普通共済約款<別紙>人身傷害条項損害額基準」に従い当組合で行わせていただきます。
(注2)
相手からの賠償金や労働者災害補償制度による給付等、被共済者の損害を補償するために支払われる額については、原則として損害額からその額を差し引いて共済金をお支払いします。
【当組合が被共済者の過失分も含めて、全額補償します。】
事故で負ったケガなどの総損害額を、ご契約の人身傷害共済の共済金額の範囲内でまとめて当組合が補償します。
〔 例 〕
 
 ・事故で相手との過失割合がお客さま30%、相手方70%
 
 ・お客さまの総損害額が5000万円だった場合(ご契約金額は「無制限」)
人身傷害共済のお支払いする共済金
【示談交渉の経緯や結果に関係なく、当組合が被共済者の総損害額を補償します。】
事故の相手との示談解決を待たずに、当組合が被共済者の総損害額に対し共済金をお支払いします。事故の相手に対して当組合が損害賠償額を請求します。
人身傷害共済の共済金をお支払いするまでの流れ

共済金をお支払いできない主な場合(免責事由等)

  • 被共済者の故意または重大な過失によって、その本人に生じた損害
  • 無免許運転、酒気を帯びた状態での運転または麻薬・危険ドラックなどの影響を受けた状態での運転により、その本人に生じた損害
  • 被共済者が、ご契約のお車の使用について正当な権利を有する方の承諾を得ないでご契約のお車に搭乗中に、その本人に生じた損害
  • 被共済者の闘争行為、自殺行為または犯罪行為によってその本人に生じた損害
  • 被共済者の脳疾患、疾病または心神喪失によってその本人に生じた損害
  • 共済金を受け取るべき方の故意または重大な過失によって生じた損害についてその方の受け取るべき金額部分
  • 治療が必要と認められない程度の微傷に起因する創傷感染症による損害
  • 地震、噴火、津波、戦争、外国の武力行使、暴動、核燃料物質などによって生じた損害
  • ご契約のお車またはご契約のお車以外の自動車を競技もしくは曲技(競技または曲技のための練習を含みます。)のために使用すること、または競技もしくは曲技を目的とする場所において使用中に生じた損害   等
補償内容の詳細は、ご契約のしおり(約款)重要事項説明書をご覧ください。