車両共済

(注)共済期間の初日が令和2年1月1日以後の共済契約が対象です。

車両共済 〔お車の補償〕

共済金をお支払いする場合

衝突、接触等の偶然な事故により、ご契約のお車に損害が生じた場合に共済金をお支払いします。
車両共済 〔お車の補償〕

被共済者(車両共済で補償の対象となる方)

被共済者は、ご契約のお車の所有者となります。

車両共済の補償タイプ

車両共済で共済金のお支払い対象となる事故の範囲は、2つのタイプがあります。
補償タイプ 補償範囲
一般車両 衝突、接触、火災、爆発、盗難、いたずら、物の落下・飛来、あて逃げ、墜落、転覆等の偶然な事故全般について共済金をお支払いします。
車対車+危険限定 相手自動車との衝突・接触事故および火災・爆発・盗難・いたずら等の事故に限り、共済金をお支払いします。
ただし、自動車との衝突・接触事故の場合は、相手自動車ならびにその運転者(または所有者)が確認できた場合に限り共済金をお支払いします。
※「車対車+危険限定」は、「車対車事故・危険限定特約」をセットした場合をいいます。
○:共済金をお支払いできます。×:共済金をお支払いできません。
補償タイプ 事故の一例
車同士・積載物との
衝突・接触
自転車との
衝突・接触
飛来中・
落下中の他物
との衝突
火災・爆発
車同士・積載物との衝突・接触 自転車との衝突・接触 飛来中・落下物の他物との衝突 火災・爆発
一般車両
車対車+危険限定 (条件付) ×
補償タイプ 事故の一例
盗難 落書・いたずら
窓ガラス破損
台風・たつ巻
洪水・高潮
墜落・転覆
盗難 落書・いたずら・窓ガラス破損 台風・たつ巻・洪水・高潮 墜落・転覆
一般車両 (注)
車対車+危険限定 (注) ×
補償タイプ 事故の一例
あて逃げ 車庫入れ失敗 電柱・
ガードレール等
との接触・衝突
地震
あて逃げ 車庫入れ失敗 電柱・ガードレール等との接触・衝突 地震
一般車両 ×
車対車+危険限定 × × × ×
(条件付)
相手自動車の登録番号等ならびにその運転者(または所有者) が確認できた場合に限り共済金をお支払いします。
ただし、「ご契約のお車の所有者」が所有する別のお車との衝突・接触事故の場合は共済金をお支払いできません。
(注)
ご契約のお車が二輪自動車または原動機付自転車の場合、「二輪・原付盗難対象外特約」が自動セットされますので、盗難に対しては共済金をお支払いできません。

お支払いする共済金

共済金の種類 お支払方法
車両共済金 ご契約のお車に損害が生じた場合に、損害額(修理費等)から免責金額を差し引いた額について、共済証書記載の車両共済金額を限度としてお支払いします。
ただし、全損の場合は免責金額を差し引かずにお支払いします。

(注)
車両共済金額が時価額を著しく超える場合は、時価額を車両共済金額とみなして共済金をお支払いします。
費用 被共済者が実際にご負担された費用(損害防止費用・権利保全行使費用・応急処置費用・運搬費用・引取費用・共同海損分担費用)について、車両共済金と別にお支払いします。
ただし、応急処置費用、運搬費用および引取費用については、1回の事故につき合計で15万円を限度とします。

(注)
応急処置費用および運搬費用については、ロードアシスタンス特約の共済金をお支払いする場合はお支払いできません。
全損時諸費用
共済金
(注1)
ご契約のお車が全損となった場合に、共済証書記載の車両共済金額の10%(10万円に満たない場合は一律10万円、20万円限度)の金額を共済金としてお支払いします。また、「車両全損時諸費用倍額払特約」をセットした場合は、全損時諸費用共済金を2倍にしてお支払いします。
(注1)
「車両全損時諸費用特約」は、ご契約のお車の用途車種が自家用8車種(レンタカー等を除きます。)の車両共済付き契約に自動セットされます。全損時諸費用共済金は、「車両全損時諸費用対象外特約」をセットされた場合は、お支払いできません。
(注2)
「車両新価特約」をセットされ、同特約から再取得時諸費用共済金をお支払いする場合は、全損時諸費用共済金をお支払いできません。

共済金をお支払いできない主な場合(免責事由等)

  • ご契約者、被共済者または共済金を受け取るべき方などの故意または重大な過失によって生じた損害
  • 無免許運転、酒気を帯びた状態での運転または麻薬・危険ドラックなどの影響を受けた状態での運転によって生じた損害
  • 地震、噴火、津波、戦争、外国の武力行使、暴動、核燃料物質などによって生じた損害
  • 差押えなど国または公共団体の公権力の行使によって生じた損害
  • 詐欺または横領によって生じた損害
  • ご契約のお車を競技もしくは曲技(競技または曲技のための練習を含みます。)のために使用すること、またはご契約のお車を競技もしくは曲技を目的とする場所において使用中に生じた損害
  • ご契約のお車に存在する欠陥、摩滅、腐しょく、さび、その他の自然消耗によって生じた損害
  • 故障損害
  • ご契約のお車から取り外された部分品や付属品の損害
  • ご契約のお車に定着されていない付属品の単独損害
  • タイヤの単独損害(ご契約のお車の火災、盗難によりタイヤに生じた損害は除きます。)
  • 法令により禁止されている改造を行った部分品および付属品に生じた損害   等

車両無過失事故に関する特則

相手自動車または他物との衝突、接触事故による車両共済金のお支払いについて、次のいずれかに該当する場合など一定の条件を満たすときは、当組合と締結する継続後のご契約の等級および事故有係数適用期間の決定において、ノーカウント事故として取り扱います。また、事故件数によって免責金額が設定されている場合は、次回事故時の免責金額の決定において事故件数に数えません。
【適用条件】

  1. 相手自動車の「追突」、「センターラインオーバー」、「赤信号無視」または「駐停車中のご契約のお車への衝突・接触」による事故において、ご契約のお車の運転者および所有者に過失がなかったと当組合が判断した場合
  2. 相手自動車との衝突・接触事故の発生に関して、ご契約のお車の運転者および所有者に過失がなかったことが確定した場合
  3. ご契約のお車の欠陥・第三者による不正アクセス等に起因する他物との衝突・接触事故が発生し、かつ、ご契約のお車の運転者および所有者に過失がなかったことが確定した場合
(注1)
1および2については「相手自動車」および「その運転者または所有者」が確認された事故に限ります。
(注2)
次の特約の共済金をお支払いする場合は、この特則は適用されません。
・車両新価特約 ・車両超過修理費用特約
(注3)
フリート契約(A方式)の場合は、この特則の対象外となります。

〔車両共済に関わる特約〕

車両価額協定共済特約 自動付帯 自家用8車種

ご契約者と当組合との間で、契約締結時における市場販売価格相当額を、ご契約のお車の価額として協定し、その価額(注1)を車両共済の共済金額として定め、共済期間中は、実際の車両時価額に関係なく共済金額を限度に共済金をお支払いします。
お車の修理費が共済金額以上(修理ができないときを含みます。)となった場合は、共済金額を共済金としてお支払いします。
(注1)
協定したお車の価額が時価額を著しく超える場合は、時価額を共済金額とみなして共済金をお支払いします。
(注2)
レンタカーを除きます。
車両価額協定共済特約

車両新価特約 オプション 自家用8車種

車両共済金のお支払い対象となる事故によりご契約のお車に大きな損害(注1)が生じ、お車の買替または修理をされる場合に、代替車買替費用等として共済金をお支払いします。
(注1)
「大きな損害」とは、次のいずれかに該当する場合をいいます。

  1. 損害額(修理費等)が新車共済金額の50%以上となる場合(お車の内外装、外板部品以外の部分に著しい損害が生じていない場合を除きます。)
  2. 修理費が車両共済の共済金額以上となる場合
  3. お車の損傷を修理できない場合
(注2)
盗難の場合は、お車が発見されない場合を除きます。
(注3)
事故日の翌日から90 日以内に代替のお車を取得またはご契約のお車を修理される場合に限ります。
(注4)
ご契約の満期日がご契約のお車の初度登録年月または初度検査年月から61 か月以内の場合に、セットできます。また、「車両超過修理費用特約」、「車両全損時諸費用倍額払特約」および「車両全損時諸費用対象外特約」を適用したご契約には、本特約をセットできません。
車両新価特約

車両超過修理費用特約 オプション 自家用8車種

車両共済金のお支払い対象となる事故によりご契約のお車に損害が生じた場合で、その修理費が車両共済の共済金額を上回るときに、その超過する修理費について、50 万円を限度として共済金をお支払いします。
(注1)
事故日の翌日から6か月以内にご契約のお車を修理される場合に限ります。
(注2)
ご契約の満期日がご契約のお車の初度登録年月または初度検査年月から37 か月を超えている場合に、セットできます。また、「車両新価特約」をセットしたご契約には、本特約をセットできません。
車両超過修理費用特約

車両全損時諸費用特約 自動付帯 自家用8車種

衝突・接触等の偶然な事故により、ご契約のお車が全損となった場合に全損時諸費用共済金をお支払いします。
(注1)
「車両新価特約」をセットされたご契約で、車両新価特約から再取得時諸費用共済金をお支払する場合は、車両全損時諸費用共済金をお支払いできません。
(注2)
レンタカーを除きます。
車両全損時諸費用特約

車両全損時諸費用倍額払特約 オプション 自家用8車種

全損時諸費用共済金をお支払いする場合に、共済金の額を2倍にしてお支払いします。
(注1)
「他車運転特約」、「臨時代替自動車特約」および「被共済自動車の入替自動補償特約」によりお支払いする場合を除きます。
(注2)
車両共済金額10万円未満のご契約、または「車両新価特約」を適用したご契約には、本特約をセットできません。
車両全損時諸費用倍額払特約

二輪・原付盗難対象外特約 自動付帯

ご契約のお車が二輪自動車または原動機付自転車の場合、盗難による損害に対しては車両共済金をお支払いできません。
二輪・原付盗難対象外特約

事故・故障時代車費用特約 オプション 自家用8車種

ご契約のお車が事故、故障またはトラブルにより走行不能となり、かつ、レッカーけん引された場合(注1)、または事故によりご契約のお車に損害が生じた場合(注2)に修理などでご契約のお車を使用できない期間など所定の支払対象期間のレンタカー費用をお支払いします。
(注1)
ロードアシスタンス特約の「運搬費用」のお支払いの対象となる場合に限ります。
(注2)
車両共済のお支払いの対象となる場合に限ります。
(注3)
お支払いの対象となる期間は、「レンタカーのご利用開始日からその日を含めて30日」かつ「事故発生日などの翌日から起算して1年以内」を限度とします。
事故・故障時代車費用特約
補償内容の詳細は、ご契約のしおり(約款)重要事項説明書をご覧ください。